草食男のスマホ経験 http://www.smartphoneff.com Sat, 16 Sep 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 “人の声が心地良いラジオ「Hint」 業界盛り上がるか “ http://www.smartphoneff.com/2017/09/17/text-20170917/ http://www.smartphoneff.com/2017/09/17/text-20170917/#comments Sat, 16 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/09/17/text-20170917/ ニッポン放送、家電ベンチャーのCerevo、フィギュアメーカーのグッドスマイルカンパニ―は7月20日、ラジオ受信機「Hint BLE Radio(Hint)」を9月初旬に発売すると発表しました。出演者が話す声が心地良く聞こえるよう調整されたスピーカーを搭載するなど独自の工夫が特徴で、苦戦が続くラジオ業界を盛り上げる狙いがあるということです。価格は2万2000円(税別)です。商品名のHintは「気配」を意味し、「ラジオをつけるだけで一人暮らしの家が明るくなるような“気配の発生装置”であってほしい」との意味が込められているのです。AM放送の番組をFM放送の周波数で放送する「ワイドFM」に対応し、ビルやマンションでも受信しやすいということです。ニッポン放送技術部がサウンド面を監修し、スピーカーは人が話す声が心地良く聞こえるよう設計されています。Bluetoothスピーカー機能も搭載していて、スマートフォンやPCに保存している音楽のワイヤレス再生が可能です。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/09/17/text-20170917/feed/ 0
スマホのバッテリーを長持ちさせる方法はどんなことをすればいい? http://www.smartphoneff.com/2017/08/23/text-20170823/ http://www.smartphoneff.com/2017/08/23/text-20170823/#comments Tue, 22 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/08/23/text-20170823/ スマホのバッテリーを長持ちさせる方法も知らない方も結構いたりします。
すぐにバッテリーがなくなってしまうので困るなんて方もいます。
なので、いつも使用しているスマホの状況を確認してみようと思います。
まずは、日頃使用をしているアプリがどのぐらいバッテリーを消費しているのかを見てみてください。
やっぱりアプリの中でバッテリーの消費が大きいものがあったりします。
バッテリーの使用状況を見ていればどのアプリがどれだけ消費をしているのかが分かります。
もしもそこまで使用をしない場合は消去した方がいいかもしれませんね。
きちんと消費しているものが理解できれば、そこを工夫すればいいだけですからいい方法です。
これだけ理解をするだけで、日頃のスマホ消費量も節約ができバッテリーを長く保つことができるようになります。
もちろん動画なんかを見るとより消費も早くなってしまうので、そこらへんも注意が必要です。
バッテリーの減りが早くてどうしたなのか分からない方も結構いると思うのでこういった方法で見てみてください。
そうすれば、バッテリーの減りの悩みを解消することができますよ。
バッテリー節約を心がけたいものです。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/08/23/text-20170823/feed/ 0
パイオニア、狭いスペースにも置きやすいBluetooth対応の薄型CDミニコンポ http://www.smartphoneff.com/2017/08/08/text-20170808/ http://www.smartphoneff.com/2017/08/08/text-20170808/#comments Mon, 07 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/08/08/text-20170808/ オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドの新製品として、薄型筐体を採用し、Bluetooth受信にも対応する一体型CDミニコンポ「X-SMC02」を6月下旬に発売しました。カラーはホワイトとブラック。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後となります。出窓など、部屋のちょっとした空きスペースに起きやすいという、薄型でシンプルなデザインのミニコンポです。部屋のコーナーにもフィットする背面形状を採用し、壁掛けにも対応しているということです。ステレオスピーカーを搭載しているのですが、左右のユニットを外側に開いて配置しています。一体型ながら、音の広がりを感じられるということです。さらに 本体は上向きに傾斜していて、耳より低い場所に設置しても、音がクリアに聴こえるとしています。さらにBluetooth 4.1+EDRにも準拠し、コーデックはSBC、プロファイルはA2DP、AVRCPをサポートし、SCMS-Tにも対応しています。スマートフォンなどから、ワイヤレスで音楽を受信して再生できます。スマホからコンポの電源をONにする、Bluetoothスタンバイにも対応しています。一度ペアリングすれば、以降は自動で接続するBluetoothオートコネクトもサポートします。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/08/08/text-20170808/feed/ 0
新カテゴリーのドライブアレコーダー http://www.smartphoneff.com/2017/07/31/text-20170731/ http://www.smartphoneff.com/2017/07/31/text-20170731/#comments Sun, 30 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/07/31/text-20170731/ カーメイトから今年新しく発売されたドライブレコーダー機能付き全天周360度カメラに、さらに新機能が使えるアプリがリリースされたそうです。

「d’Action(ダクション)360」と言うカメラだそうで、「ダクションVR」という新アプリを利用することで、全方位の映像をVR体験できるんだそうです。

ドライブレコーダーが今車を買う際には当たり前のように付けるよう、販売会社のスタッフから言われるものですが、標準装備していても良いのでは?とも思うんですよね。ただ、一般的なドライブレコーダーは前方を記録するもの。これに360度のカメラ機能を付けることで、より詳細な記録を残すことができます。さらにさらに、VRで体験できれば、もし事故が発生した場合にもどのような経緯で自己が起きたのか、誰が悪いのかが第三者にもハッキリ判別できるわけですからね。

ドライブレコーダーの記録をVRで観れるようにしたアプリは業界初なんだそうですが、今ある技術をプラスしていってるんですよね。技術って使い方次第でこんなに便利なものが出来上がるんですね。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/07/31/text-20170731/feed/ 0
4Kスマートフォンとして再登場した、XZ Premium http://www.smartphoneff.com/2017/07/22/text-20170722/ http://www.smartphoneff.com/2017/07/22/text-20170722/#comments Fri, 21 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/07/22/text-20170722/ CPUがクアルコムから発表されている最新シリーズS835を搭載。ROMは64GBでRAMは4GBにベースアップしています。ディスプレイ解像度に関してはZ5 Premium同様に4KではあるもののHDR(ハイダイナミックレンジ)に新たに対応した点が優位点になります。また、SONYからリリース予定の最新CMOSイメージセンサーも搭載しており、より高画質、より美しく、これ一台で完結できるXperiaに仕上がっています。Galaxy S8などはメモリ容量が6GBなどと言われており、4Kディスプレイを搭載しているXperia XZ Premiumが4GBなのは少しきになるところはありますが、これは実機を試してみないとわかりませんね。Z5 Premiumの4Kディスプレイは非常に高精細でVRなどに向いていましたが、屋外使用時に輝度MAXにしても見辛いことがありました。この点XZ Premiumでは解消されているのか気になるところ。Xperia productシリーズも随時進めているようですが、Xperia VRのようなものは出さないんでしょうか。Z5 Premiumのレビューの時にも言った気がしますが、ぜひGalaxy VRのようなオプション品(Xperia VR)を出して欲しいです。そして超品薄のPlayStation VRのようにPS4と連携して使えるようにしましょう。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/07/22/text-20170722/feed/ 0
au最速の下り590MbpsをサポートするGalaxy S8 http://www.smartphoneff.com/2017/07/13/text-20170713/ http://www.smartphoneff.com/2017/07/13/text-20170713/#comments Wed, 12 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/07/13/text-20170713/ 下り最大590Mbps(理論値)のLTEデータ通信をサポートします。2017年5月時点での提供エリアは東京都、愛知県、大阪府の一部だが、順次拡大される予定です。セキュリティ機能として、指紋認証、虹彩認証、顔認証の3種類を搭載します。指紋認証や虹彩認証は、FIDO準拠のセキュアな認証機能で、Google Playでの決済などにも利用できます。顔認証は、インカメラを利用した簡易的な認証機能で、画面に顔をかざすだけでスピーディーにロック解除できます。オーディオブランド「AKG」によるチューニングが施されたハイレゾ対応のイヤホンが付属します。米国などでは99ドル(約1万1000円)で単品販売もされている製品だということです。日本では単品販売は行われません。また、Galaxy S8/S8+を発売前に予約して購入したユーザーに、コントローラーが付属する新型「Gear VR」をプレゼントするキャンペーンも実施されます。同キャンペーンでは、6月7日の発売前日までに予約し、6月30日までに端末を購入します。専用の応募サイトから7月10日までに応募したユーザー全員が対象となります。これはかなりお得なサービスと言えそうですね。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/07/13/text-20170713/feed/ 0
スマートフォンアプリでゴルフが楽しめる http://www.smartphoneff.com/2017/07/02/text-20170702/ http://www.smartphoneff.com/2017/07/02/text-20170702/#comments Sat, 01 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/07/02/text-20170702/ スマートフォンは今ではゲームもどんどん良くなっていますよね。
スマートフォンは無料で色々とゲームが楽しめるのが良い所ではあります。
スマートフォンのゲームも色々なものが登場してきているようです。
ゲームで人気の「みんなのGOLF」のスマートフォンバージョンが登場しました。
「みんゴル」だそうですよ。
人気ゲームという事もありこれはハマってしまう人が多そうですね。
スマートフォンゲームはなんと言っても気軽にできるとい部分がメリットです。
今では、スマートフォンのアプリゲームが影響でゲームが売れないなんて所も出てきてるようです。
これからもスマートフォンでゲームが普通になってくるかもしれませんね。
しかし、このようにスマートフォンゲームがどんどん登場してくる事で色々なゲームを楽しめるようになりそうです。
まだ、サービスが始まっていないようなのですが出てくればハマる人はかなり多そうですね。
スマホでゴルフゲームもどんなものが遊んでみたいものですね!
登録なんかは6月2日からスタートをしているので、サービスがスタートをするのを楽しみにしておきたいものです。
いつでも好きな時にゴルフゲームが楽しめるのはいいものです。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/07/02/text-20170702/feed/ 0
スマホのバッテリー「GuFan」とは? http://www.smartphoneff.com/2017/06/19/text-20170619/ http://www.smartphoneff.com/2017/06/19/text-20170619/#comments Sun, 18 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/06/19/text-20170619/ 外出先でスマートフォンの電池切れになった人は多くいると思います。
その時はスマートフォンを使用できなくて困ったのではないでしょうか。
電池切れになるとすごく不便ですし困るのでモバイルバッテリーを持ち歩いた方が良いと思います。
そのスマホのバッテリーで人気を集めているのが「GuFan」のモバイルバッテリーです。
このスマホのバッテリーはボディサイズが幅約80ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約12ミリというコンパクトサイズになっていますので誰でも気軽に持ち歩くことができるでしょう。
バッテリー容量は22,000mAhという超大容量バッテリーになっていますので1度の充電で何回も使用できて便利ですし、外出時のバッテリー切れを解消してくれるから安心です。
また、急速充電に対応していますし、他の端末を3台同時に充電することもできます。
見た目はファッション性が高くて手触りが良いので快適に使用することができるでしょう。
それに、重さは約380gという軽量ですのでカバンやポケットに入れていても気にならないと思います。
このようなスマホのバッテリーは残量表示がデジタルで分かりやすくなっていますので充電し忘れることがありません。
気になる人はよければ使用してみてください。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/06/19/text-20170619/feed/ 0
VRゴーグルの「Xiaomi VRクラス Play 2」でバーチャルリアリティ体験 http://www.smartphoneff.com/2017/06/16/text-20170616/ http://www.smartphoneff.com/2017/06/16/text-20170616/#comments Thu, 15 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/06/16/text-20170616/ バーチャルリアリティは最近話題になっていることの一つですが、まだ体験できていない人もいると思います。
そうした人はスマートフォンとVRゴーグルを用意すれば体験できるのですが、どんなVRゴーグルを使用すれば良いのか困っている人もいるでしょう。
そこで参考にしてもらいたいのが「Xiaomi VRクラス Play 2」というVRゴーグルです。
このVRゴーグルはバーチャルリアリティ初心者に人気を集めており、使いやすさは勿論のこと、価格の安さや高性能ということも人気を集めている理由です。
本体サイズは幅約191ミリ、高さ約102ミリ、奥行約129ミリ、重さ約185gという、数あるVRゴーグルの中では軽量コンパクトサイズになっています。
ですので、どなたでも扱いやすいと思います。
それと、顔に接する部分には柔らかくてクッション性が高いスポンジを採用していますので、バーチャルリアリティを長時間体験しても痛くなることはありません。
それに、ステルスの放熱穴が付いていますので散熱性に優れていますし、調節可能なベルトが付いていますので快適に楽しめると思います。
このようなVRゴーグル4.7インチから5.7インチのスマートフォンに対応していますので、対応するスマートフォンの人は試してみてください。ウェアラブルのGear VRの詳細はこちら

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/06/16/text-20170616/feed/ 0
LINEモバイルはコミュニケーションフリープランを選べ! http://www.smartphoneff.com/2017/05/31/text-20170531/ http://www.smartphoneff.com/2017/05/31/text-20170531/#comments Tue, 30 May 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/smartphoneffcom/2017/05/31/text-20170531/ LINEモバイルには、3つのプランが用意されています。なかでも、おすすめしたいのは「コミュニケーションフリープラン」です。このプランを選べば、スマホを120%楽しめること間違いなしです。LINEモバイルは、シンプルなプラン体系が特徴です。用意されているプランは3種類で、いずれのプランもLINEは、利用時のデータ通信量が月々のデータ容量にカウントされない「カウントフリー」の対象となっています。LINEの利用が多い人にとってはこれだけでもかなり魅力的ですが、ほかのSNSもよく使うなら「コミュニケーションフリープラン」がおすすめです。コミュニケーションフリープランは、LINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramの主要機能もカウントフリーの対象となっています。さらに、3/5/7/10GBの4つのデータ容量プランがあるので、スマホの使い方に合わせて無駄のないプラン選びが可能です。コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの主要な機能のデータ通信量がカウント対象外となります。データ通信容量の残量を気にすることなくSNSを楽しめるので、SNSの利用がメインの人なら3GBのプランでも十分にスマホを活用できるでしょう。LINEだけがカウントフリーの対象となる1GBの「LINEフリープラン」は、音声通話が使えて月額1,200円から利用できます。また、4つのSNSに加え、定額制音楽ストリーミングサービスの「LINE MUSIC」もカウントフリーになる「MUSIC+プラン」もあります。

]]>
http://www.smartphoneff.com/2017/05/31/text-20170531/feed/ 0