Welcome to my blog!

Please, add a text widget to the Blurb sidebar to customize this message.

Posted by admin | 2017年7月22日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

CPUがクアルコムから発表されている最新シリーズS835を搭載。ROMは64GBでRAMは4GBにベースアップしています。ディスプレイ解像度に関してはZ5 Premium同様に4KではあるもののHDR(ハイダイナミックレンジ)に新たに対応した点が優位点になります。また、SONYからリリース予定の最新CMOSイメージセンサーも搭載しており、より高画質、より美しく、これ一台で完結できるXperiaに仕上がっています。Galaxy S8などはメモリ容量が6GBなどと言われており、4Kディスプレイを搭載しているXperia XZ Premiumが4GBなのは少しきになるところはありますが、これは実機を試してみないとわかりませんね。Z5 Premiumの4Kディスプレイは非常に高精細でVRなどに向いていましたが、屋外使用時に輝度MAXにしても見辛いことがありました。この点XZ Premiumでは解消されているのか気になるところ。Xperia productシリーズも随時進めているようですが、Xperia VRのようなものは出さないんでしょうか。Z5 Premiumのレビューの時にも言った気がしますが、ぜひGalaxy VRのようなオプション品(Xperia VR)を出して欲しいです。そして超品薄のPlayStation VRのようにPS4と連携して使えるようにしましょう。

Posted by admin | 2017年7月13日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

下り最大590Mbps(理論値)のLTEデータ通信をサポートします。2017年5月時点での提供エリアは東京都、愛知県、大阪府の一部だが、順次拡大される予定です。セキュリティ機能として、指紋認証、虹彩認証、顔認証の3種類を搭載します。指紋認証や虹彩認証は、FIDO準拠のセキュアな認証機能で、Google Playでの決済などにも利用できます。顔認証は、インカメラを利用した簡易的な認証機能で、画面に顔をかざすだけでスピーディーにロック解除できます。オーディオブランド「AKG」によるチューニングが施されたハイレゾ対応のイヤホンが付属します。米国などでは99ドル(約1万1000円)で単品販売もされている製品だということです。日本では単品販売は行われません。また、Galaxy S8/S8+を発売前に予約して購入したユーザーに、コントローラーが付属する新型「Gear VR」をプレゼントするキャンペーンも実施されます。同キャンペーンでは、6月7日の発売前日までに予約し、6月30日までに端末を購入します。専用の応募サイトから7月10日までに応募したユーザー全員が対象となります。これはかなりお得なサービスと言えそうですね。

Posted by admin | 2017年7月2日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

スマートフォンは今ではゲームもどんどん良くなっていますよね。
スマートフォンは無料で色々とゲームが楽しめるのが良い所ではあります。
スマートフォンのゲームも色々なものが登場してきているようです。
ゲームで人気の「みんなのGOLF」のスマートフォンバージョンが登場しました。
「みんゴル」だそうですよ。
人気ゲームという事もありこれはハマってしまう人が多そうですね。
スマートフォンゲームはなんと言っても気軽にできるとい部分がメリットです。
今では、スマートフォンのアプリゲームが影響でゲームが売れないなんて所も出てきてるようです。
これからもスマートフォンでゲームが普通になってくるかもしれませんね。
しかし、このようにスマートフォンゲームがどんどん登場してくる事で色々なゲームを楽しめるようになりそうです。
まだ、サービスが始まっていないようなのですが出てくればハマる人はかなり多そうですね。
スマホでゴルフゲームもどんなものが遊んでみたいものですね!
登録なんかは6月2日からスタートをしているので、サービスがスタートをするのを楽しみにしておきたいものです。
いつでも好きな時にゴルフゲームが楽しめるのはいいものです。

Posted by admin | 2017年6月19日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

外出先でスマートフォンの電池切れになった人は多くいると思います。
その時はスマートフォンを使用できなくて困ったのではないでしょうか。
電池切れになるとすごく不便ですし困るのでモバイルバッテリーを持ち歩いた方が良いと思います。
そのスマホのバッテリーで人気を集めているのが「GuFan」のモバイルバッテリーです。
このスマホのバッテリーはボディサイズが幅約80ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約12ミリというコンパクトサイズになっていますので誰でも気軽に持ち歩くことができるでしょう。
バッテリー容量は22,000mAhという超大容量バッテリーになっていますので1度の充電で何回も使用できて便利ですし、外出時のバッテリー切れを解消してくれるから安心です。
また、急速充電に対応していますし、他の端末を3台同時に充電することもできます。
見た目はファッション性が高くて手触りが良いので快適に使用することができるでしょう。
それに、重さは約380gという軽量ですのでカバンやポケットに入れていても気にならないと思います。
このようなスマホのバッテリーは残量表示がデジタルで分かりやすくなっていますので充電し忘れることがありません。
気になる人はよければ使用してみてください。

Posted by admin | 2017年6月16日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

バーチャルリアリティは最近話題になっていることの一つですが、まだ体験できていない人もいると思います。
そうした人はスマートフォンとVRゴーグルを用意すれば体験できるのですが、どんなVRゴーグルを使用すれば良いのか困っている人もいるでしょう。
そこで参考にしてもらいたいのが「Xiaomi VRクラス Play 2」というVRゴーグルです。
このVRゴーグルはバーチャルリアリティ初心者に人気を集めており、使いやすさは勿論のこと、価格の安さや高性能ということも人気を集めている理由です。
本体サイズは幅約191ミリ、高さ約102ミリ、奥行約129ミリ、重さ約185gという、数あるVRゴーグルの中では軽量コンパクトサイズになっています。
ですので、どなたでも扱いやすいと思います。
それと、顔に接する部分には柔らかくてクッション性が高いスポンジを採用していますので、バーチャルリアリティを長時間体験しても痛くなることはありません。
それに、ステルスの放熱穴が付いていますので散熱性に優れていますし、調節可能なベルトが付いていますので快適に楽しめると思います。
このようなVRゴーグル4.7インチから5.7インチのスマートフォンに対応していますので、対応するスマートフォンの人は試してみてください。ウェアラブルのGear VRの詳細はこちら

Posted by admin | 2017年5月31日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

LINEモバイルには、3つのプランが用意されています。なかでも、おすすめしたいのは「コミュニケーションフリープラン」です。このプランを選べば、スマホを120%楽しめること間違いなしです。LINEモバイルは、シンプルなプラン体系が特徴です。用意されているプランは3種類で、いずれのプランもLINEは、利用時のデータ通信量が月々のデータ容量にカウントされない「カウントフリー」の対象となっています。LINEの利用が多い人にとってはこれだけでもかなり魅力的ですが、ほかのSNSもよく使うなら「コミュニケーションフリープラン」がおすすめです。コミュニケーションフリープランは、LINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramの主要機能もカウントフリーの対象となっています。さらに、3/5/7/10GBの4つのデータ容量プランがあるので、スマホの使い方に合わせて無駄のないプラン選びが可能です。コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの主要な機能のデータ通信量がカウント対象外となります。データ通信容量の残量を気にすることなくSNSを楽しめるので、SNSの利用がメインの人なら3GBのプランでも十分にスマホを活用できるでしょう。LINEだけがカウントフリーの対象となる1GBの「LINEフリープラン」は、音声通話が使えて月額1,200円から利用できます。また、4つのSNSに加え、定額制音楽ストリーミングサービスの「LINE MUSIC」もカウントフリーになる「MUSIC+プラン」もあります。

Posted by admin | 2017年5月6日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

空き巣や強盗、ストーカーなど、物騒なニュースは後を絶ちません。力の弱い女性を狙った事件も数多く、不安を抱く女性も多いことでしょう。とはいえ、やはり自分の身を守るのは自分です。今回は、「女性の防犯」にテーマを絞って専門家に話を聞いてみました。「人通りが多ければ狙われないとか、インターホンは出ないほうが安全とか、逆のことを思っている人が多い」。そう話すのは、防犯アドバイザーの京師(きょうし)美佳さんです。京師さんは、住居・ネット・ストーカー・子どもなど、幅広いジャンルの防犯対策に詳しい、防犯のスペシャリストなのです。物件選びの際、オートロックや女性専用のマンションなどを選ぶ女性は少なくないでしょう。不審者を多く侵入させないという点でオートロックは有効ですが、だからといって、セキュリティが万全であるとは限らないと京師さんは話します。「『オートロックだから安心』と思って、自室の鍵をかけずに在室していたり、ちょっとコンビニに行ったりする人は少なくありません。しかし最近では、鍵のこじ開けやガラスを割る侵入よりも、無施錠を狙った侵入が多くなっているので、注意が必要です」(京師さん、以下同)特に、新生活がスタートするこの時期は、気が緩みがちだそうです。「仕事や学校で慣れない生活が続くこの時期は疲れているし、気が緩んでしまいます。家のことや細かいことにまで気が回らない人が多いのです。特に初めての一人暮らしだと、これまで親がしてくれていたので、戸締りを気に掛けない人もいます。仕事や学校で頭の中がいっぱいなのは分かりますが、最初だからこそ気を引き締めてもらいたいです」とのことです。

Posted by admin | 2017年4月22日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

格安スマホを使う人が増えてきているからか、毎月のスマホ料金を聞かれることが多くなりました。私は大手キャリアのスマホを使っているので、7000円くらいですが、皆さんはいかがでしょうか。MMD研究所が発表した『2017年携帯電話の利用料金に関する調査』の結果によると、大手3キャリアのユーザーが支払っているスマホの平均月額料金は平均7876円、格安スマホユーザーは平均2957円、ガラケーユーザーは3071円という結果になったそう。ガラケーより格安スマホの方が安いんですね。月額料金については、大手キャリアユーザーは高いと思っている人が86.5%、格安スマホユーザーは妥当だと答えた人が31.7%で最多、ガラケーユーザーの最多は「どちらかといえば高いと思う」で33.7%だったという。利用している端末代金は、大手キャリアスマホの平均額は5万9312円、格安スマホは3万5614円、ガラケーは2万1545円だった模様。スマホ本体に支払ってもいいと思う金額の最多回答はだいたい1万円〜3万円まで、ガラケー本体は1円〜1万円未満とのこと。昔のガラケーは0円の時もありましたもんね。そう考えると今が高く感じてしまうのは仕方ないのかなと思いました。

Posted by admin | 2017年4月7日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

高コストパフォーマンスで人気を集めるSIMフリースマホのひとつが、ASUS JAPAN「ZenFone」シリーズです。最新モデルの「ZenFone 3」でもコストパフォーマンスの高さはしっかり継承されていて、最新のオクタコアCPUや3GBのメモリーを搭載する高性能機ながらも、約4万円という価格を実現しているのです。また、充実したネットワーク機能も見どころとなっています。2枚のSIMカードを使って同時に待ち受けできる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」をサポートしています。いっぽうにデータ通信用(LTE)のカードを、もういっぽうに通話用(3G)のカードを入れることで、スマホとケータイの2台持ちから開放されるのです。ただし、いっぽうのnanoSIMカードスロットが、ストレージと共有になる点は注意が必要となります。また、キャリアアグリゲーションにも対応しています。「ZenFone 3」の主な仕様は、 画面サイズ:5.2インチ、解像度:1080×1920、プロセッサー:Snapdragon 625(2.0GHz×8)、メモリー(RAM):3GB、ストレージ(ROM):32GB、OS:Android 6.0.1、SIMカードスロット:microSIM/nanoSIM(SDカードと共有)、microSD:最大2TB、カメラ(イン/アウト):800万画素/1600万画素、防水/防塵:×、バッテリー容量:2650mAh、本体サイズ:73.9(幅)×146.8(高さ)×7.69(厚さ)mm、本体重量:約144g。

Posted by admin | 2017年3月31日 at 12:00 AM | Permalink | No comments |

Facebookでは今月の8日に新しいアプリを公開したそうです。そのアプリは360°の動画、そして画像を検索したり閲覧できるもの。

すでにFacebookには360°動画や画像が数百万、数千万とアップされているとか。それらをSamsungのGear VRを使って観れるそうなんですよね。プロが写したものもあるでしょうけど、素人でも迫力ある映像や画像を楽しむことができるんでしょうね。

これ、SamsungのGear VRだけのようですが、そのうち種類も増えていくのでしょうか。現在、Samsungはスマホ 電池問題でかなり冷え切った状態にありますよね。その中で、Facebookと連携できるアイテムになったということは、大きな収穫だったのではないでしょうか。それに、「コンテンツをGear VRにセットしているスマートフォンにダウンロードしたりできる。」とのこと。

ホント、スマホ、VRが開発されたことで私たちの生活って豊かになりましたよね^^